未分類」カテゴリーアーカイブ

離婚前に弁護士へ相談

Published / by 管理者

弁護士国際結婚の離婚が生じそうになった場合は、離婚前に弁護士に相談することが得策です。国際結婚での離婚は、日本の法律に強くても、何の武器にもなりません。必ず、相手の国の法律に詳しくならなければ、不利になります。そのため、国際離婚に精通した弁護士事務所に依頼することが大切です。

そうしなければ、すんなりと、話は進みません。子供の国籍と親権は重大なトラブルに発展します。外国では、子供が生まれた場合、無条件で国籍を与えます。二重国籍問題も存在しますし、日本では、産まれてから3ヶ月以内に出生届の他に国籍留保という手続きを行わないと、日本国籍を喪失することになりますので、注意が必要です。

正直、このレベルの問題は一般人にとっては、非常に難解な問題ですから、国際結婚や国籍問題に精通している弁護士の手を借りなければなりません。国際結婚は非常に認知、そして、理解が広まってきていますが、国際離婚におけるハードルは下がってはいません。国際結婚における離婚トラブルは強靭な精神力と膨大な時間を必要としますので、離婚前に弁護士とコンタクトを取ることが適切な方法でしょう。国際結婚をするときには、夢を思い描きますが、国際離婚をするときには、厳しい現実が待っているという現実を知っておくことが大切です。

親権で揉める

Published / by 管理者

子供国際結婚において、離婚が必要となった場合、様々な手続きが必要となります。法律上はどのように扱われるのでしょうか。相手の住所が日本にあるのなら、日本の家庭裁判所にて、手続きをすることが可能ですから、その場合は、手間が掛かることはないでしょう。

そして、離婚をしたとき、その夫婦が日本在住であったのであれば、高確率で、日本の法律は適用されます。そして、夫婦において、密接な関係である国が日本であった場合も、日本の法律が適用されると言われています。ただし、国によっては、日本で離婚が成立していても、相手国の離婚手続きが必要な場合があります。この点は注意しましょう。

相手が既に外国に居住している場合は、相手国に国際裁判管轄権が認定されてしまうようですが、行方不明である場合や既に遺棄されている場合は、例外となります。厄介な部分が存在しますので、相手国の法律を熟知する必要があります。揉める確率が高い事例は子供の扱いです。親権は非常にデリケートなものであり、揉めると、すぐには解決とはなりません。日本は、一方的に子供を国外へ連れ出すことを禁じたハーグ条約に加盟しています。そのため、昔日よりは良好になっていますが、それでも、親権でのトラブルが減っていないことは事実です。

文化と生活習慣の差異

Published / by 管理者

国際結婚での離婚原因で挙げられるのは、言語の次は、文化及び生活習慣となります。日本人と外国人との間にはやはり、細部に亘って、文化的差異が生じます。生活習慣、礼儀作法、宗教などが代表的な例です。生活習慣においては、日本人ほど、時間に正確な人種はいないと言われています、交通機関はすべて、正確な時間を遵守しますし、プライベートな約束でも、時間を過ぎると、連絡するという習慣があります。しかし、外国人は時間に正確な方もいますが、待ち合わせすると、平気で2時間は待たせ、連絡なしということが多いという事情があります。このような事情も絡んでいるのではないでしょうか。

キャリーケース礼儀作法に関しても、日本独特の細かい礼儀遵守、宗教においても、違う宗教では食せないものを日本人は平気で食するところもありますので、文化及び生活習慣での壁は相当、厚いと言えます。国民性の違いは国際結婚をすると、必ず、障壁として現存してきます。それに辟易して、離婚をしてしまうケースも多いわけです。最後の理由は、個人的問題からです。

結婚は夫婦になると、必ず、両親や兄弟との付き合いは増えます。相手の両親の面倒を見なければならないときに、相手の国に移住することが可能かどうかということです。このようなプライベートな事情から離婚するというケースも多いようです。

言語の壁で離婚

Published / by 管理者

現在は、20世紀とは違い、国際結婚が格段に多くなってきました。その理由は、海外留学がしやすくなったこと、そして、日本に渡航し、定住する外国人が増加したことが挙げられます。国際間の壁が小さくなったとも言えるでしょう。ただ、国際結婚が増加しても、逆に、国際離婚も増加しています。その理由は何なのでしょうか。国籍が違う方の離婚率は約45%と言われています。約半数の国際カップルが離婚している計算となります。この事実から推測されることは、何かの障壁が存在しているということです。

まず、やはり、言語の壁が離婚原因のトップに挙げられます。国際結婚に踏み切っているということは、言語の壁をクリアしているのだから、結婚したのだろう、と考える方は多いと思われます、しかし、日本に就労で来ている方は、かなりの確率で、英語を話します。どの国籍の方にも共通している事柄です。国際結婚をした相手とは英語を話しますが、それ以外の方と言語が通じないことが離婚の原因と言われています。

女性例えば、ベルギー人と結婚した女性も、相手とは英語で会話をして、気持ちを伝えて合っていました。しかし、結婚すると、相手は、本人の両親や兄弟と接する機会が増えました。この親族が英語での会話が不能であるということから、意思疎通が不可能となり、本人の親族と揉めて、離婚したというケースもあります。お互いがお互いの言語を、敬意を持って勉強すれば、解決しそうなケースですが、それほど、言語の壁は厚いということなのでしょうか。