離婚前に弁護士へ相談

弁護士国際結婚の離婚が生じそうになった場合は、離婚前に弁護士に相談することが得策です。国際結婚での離婚は、日本の法律に強くても、何の武器にもなりません。必ず、相手の国の法律に詳しくならなければ、不利になります。そのため、国際離婚に精通した弁護士事務所に依頼することが大切です。

そうしなければ、すんなりと、話は進みません。子供の国籍と親権は重大なトラブルに発展します。外国では、子供が生まれた場合、無条件で国籍を与えます。二重国籍問題も存在しますし、日本では、産まれてから3ヶ月以内に出生届の他に国籍留保という手続きを行わないと、日本国籍を喪失することになりますので、注意が必要です。

正直、このレベルの問題は一般人にとっては、非常に難解な問題ですから、国際結婚や国籍問題に精通している弁護士の手を借りなければなりません。国際結婚は非常に認知、そして、理解が広まってきていますが、国際離婚におけるハードルは下がってはいません。国際結婚における離婚トラブルは強靭な精神力と膨大な時間を必要としますので、離婚前に弁護士とコンタクトを取ることが適切な方法でしょう。国際結婚をするときには、夢を思い描きますが、国際離婚をするときには、厳しい現実が待っているという現実を知っておくことが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket